NHK 朝ドラ 半分、青い。 ロケ地 詳細 連続テレビ小説 撮影場所

平成30年度前期 連続テレビ小説 朝ドラ「半分、青い。」のヒロインが決まったり、ロケ地が決まったりと色々と詳細な内容が公開されてきましたね!

その中でも、故郷編のロケ地となる岐阜県東濃地方のどこなのかを調べてみました!

また、ロケ地にきまった裏には、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」との関係があるとの話がありましたので、詳しく調べてみました!

※2017年10月30日 ロケ情報の追記有り

Sponsored Links

朝ドラ「半分、青い。」の概要

NHK 朝ドラ 半分、青い。 ヒロイン 永野芽郁 概要

平成30年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」

【放送予定】2018年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回予定>

【制作統括】勝田夏子
【プロデューサー】松園武大
【演出】田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗 ほか
【脚本】北川悦吏子(作)

大阪万博の翌年の1971年に生まれた、迂闊だが失敗を恐れないヒロイン・楡野鈴愛が、岐阜県と東京を舞台に、高度成長期の終わりから現代までを駆け抜けてやがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

メインヒロインには楡野鈴愛(にれの すずめ)役で永野芽郁さんが選ばれたようですね
永野芽郁 子役時代もかわいい?彼氏画像が流出?演技力や性格は?

Sponsored Links

ロケ地&撮影場所はどこ?

朝ドラ 半分、青い。 ロケ地 撮影場所 岐阜県恵那市岩村町

岐阜県・故郷編のロケ地&撮影場所を調べてみました。

2018年4月から放送開始される連続テレビ小説 朝ドラ「半分、青い。」

物語の主人公は、岐阜県東濃地方のとある小さな町で暮らす楡野鈴愛(永野芽郁)。

朝ドラ「半分、青い。」の舞台が岐阜県東濃地方だと、ここまでは公式ホームページに記載されています。

しかし、岐阜県東濃地方だと言っても、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市と広範囲にわたります。

また、脚本家の北川悦吏子さんの出身地は岐阜県美濃加茂市の為、東濃地方ではありません。

では、実際のロケ地はというと、

岐阜県恵那市岩村町」がロケ地に決まったそうです。

ちなみに岐阜県恵那市岩村町は、2004年10月25日に周辺市町村との合併により恵那市となったようですが、もともとは岐阜県恵那郡岩村町だったようです!

2017年8月現在では撮影はまだ行われていないようですが、岩村町の古い町並みの一角をアーケードを作成して撮影するようです!

岐阜県恵那市岩村町が選ばれた理由とは?

岐阜県・故郷編のロケ地&撮影場所が岐阜県恵那市岩村町に選ばれた理由は、どうも2つあるようです!

脚本家の北川悦吏子さんの出身地と関係ある?

1つめの理由は、脚本家の北川悦吏子さんの出身地は岐阜県美濃加茂市であり、岐阜県美濃加茂市を舞台にしたいとの思いもあったようですが、古い町並みを舞台にしたいとの思いから、岐阜県美濃加茂市(美濃地方)の近辺の岐阜県恵那市岩村町(東濃地方)にしたようです。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」との関係って?

2つめの理由は、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」と関係があるとの話があるようです!

2017年1月8日より放送されていますNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、タイトルの通り、女城主です。

女城主は、井伊直虎(静岡県浜松市)だけでなく、他にも女城主はいたようで、その中の一つに岐阜県恵那市岩村町の岩村城の美しすぎる女城主で有名な「おつやの方」

「おつやの方」は、あの織田信長の叔母のようで、岩村城主だった遠山景任に嫁ぎますが、子ができないまま夫は病死し、織田信長の五男・坊丸を養子にしたようですが、幼い事もあり、「おつやの方」が当主を継いで岩村城の女城主となったようです。

1572年(元亀3年)10月に、武田二十四将のひとり「秋山虎繁(信友)」が侵攻してきましたが、城は容易に落ちなかったようです!

ですが、翌1573年(元亀4年)2月末に秋山虎繁は美しすぎる「おつやの方。」を説得し妻に迎えたようです!

結局寝返った「おつやの方。」を、織田信長は許さずに処刑してしまったようです。

NHK大河ドラマを企画する段階で、井伊直虎(静岡県浜松市)か、おつやの方(岐阜県恵那市岩村町)が最終選考まで残ったようですが、「おつやの方」の最後は、織田信長に処刑されるシーンがあまりに残酷だったようで、NHK大河ドラマに相応しくないと、落選してしまったようです!

っで、朝ドラ「半分、青い。」の話に戻りますが、何と朝ドラ「半分、青い。」のスタッフとNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のスタッフが同じスタッフの方がいるようで、NHK大河ドラマの落選の件を申し訳なく思っているのか、次のHNKドラマに何とか岐阜県恵那市岩村町を採用したいとの思いがあったのか、岐阜県東濃地方は、古い町並みにが多くある地域ですが、朝ドラ「半分、青い。」のロケ地をあえて岐阜県恵那市岩村町にしたとの話もあるようです!

また、どうしてもNHK大河ドラマに「岩村城の女城主おつやの方」をやりたかったのか、NHK総合の「歴史秘話ヒストリア」で平成29年5月19日(金)に大河ドラマ級に作られた「戦場の花嫁 愛に生きた女城主」として放送されていました。

NHK総合「歴史秘話ヒストリア 」戦場の花嫁 愛に生きた女城主

Youtubeに「戦場の花嫁 愛に生きた女城主」がありましたので、時間がある方は見てみてください!
本当にNHK大河ドラマ級です!!

エキストラ募集情報

朝ドラ「半分、青い。」のエキストラ募集情報ですが、現在はエキストラ募集はしていないようですね。

しかし、エキストラ募集告知は随時行っているそうです。

エキストラ募集は、ロケ地となる各市町村の役所のホームページ等で告知する場合が多いようです。

気になる方は、上記で紹介したロケ地の役所のホームページをチェックする必要がありそうですね。

岐阜県恵那市ホームページ

岐阜県恵那市観光協会

岩村町観光協会ホームページ【岐阜県恵那市岩村町】

ロケ情報チェック!永野芽郁さんや佐藤健さんのロケ入りは?

岐阜県恵那市岩村町でロケが始まっているようです。

10月現在では、永野芽郁(ながの めい)さんがロケをしているようで、佐藤健さんは、11月からの岩村ロケになるようです!

みなさんの宿泊先ですが、ホテルルートイン恵那にロケバスあるようです!

まっこの辺りは田舎で宿泊先も限られていますので、恵那近辺で映画の撮影が行われる際は、よくホテルルートイン恵那が使われているようです!

まとめ

・岐阜県・故郷編のロケ地&撮影場所は、岐阜県恵那市岩村町

・脚本家の北川悦吏子さんの出身地の近辺をロケ地にした

・NHK大河ドラマに落選した結果、スタッフの配慮により岐阜県恵那市岩村町になったとの話もあるようです。

また、ロケに関する情報が入りましたら追記していきます。